Origamiは、ポプラグループの運営する全475店舗でスマートフォン(スマホ)決済サービス「Origami Pay」の提供を3月12日に開始する。


 ポプラは、広島県を中心に店舗を構え、地域の利便性を追求することに力を注いでいる。Origamiも、「ローカル」戦略を重視して地域のキャッシュレス化の普及に取り組んでいる。

 ポプラによるOrigami Payの導入によって、関東、中部、北陸、関西、中国、九州などでキャッシュレスがさらに身近なものになることを想定。スムーズな支払いによるレジ混雑の緩和などで、来店客の利便性を向上させることに加え、レジ関連作業の軽減という従業員の「働き方改革」にもつなげる。