【BCN AWARD 2019・喜びの声】 BCNは1月18日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、IT・デジタル家電の年間販売数量No.1メーカーを表彰する「BCN AWARD 2019」を開催した。「ノートPC部門」でシェアトップに輝いたNECパーソナルコンピュータ デビット・ベネット 代表取締役執行役員社長に「喜びの声」を寄稿してもらった。

シェアグラフ

ノートPC部門でNo.1になったNECパーソナルコンピュータ

NECパーソナルコンピュータ デビット・ベネット 代表取締役執行役員社長 兼
Lenovo Groupグローバル バイスプレジデント 兼 レノボ・ジャパン 代表取締役社長

 ノートPC部門で8年連続「BCN AWARD」を受賞でき、大変うれしく思っております。ご支持、ご支援を賜りましたユーザーさま、販売店さま、パートナーさまに厚く御礼申し上げます。

 今後も、お客さまの声に慎重に耳を傾け、製品やサービスの向上に反映させることでご評価をいただけるよう、努力を続けてまいります。2019年がNEC「PC-8001」の発売から、ちょうど40周年目を迎える記念すべき年であり、PC-8001は発売して以来、PC業界においてNo.1ブランドとしてユーザーの皆さまにご愛顧いただいておりますが、19年はさらに盛り上げていきたいと思っております。

 東京五輪の開催が早くも来年に迫りつつありますが、この1年間に教育や消費環境の大きな変化が次々に控えております。20年からの小学校でのプログラミング教育の必修化や、Windows 7の延長サポートが終了するためのサポート終了を見据えた買い替えの必要性を喚起しながら、PCで何ができるかをしっかり伝えていくのが当社の役目と考えております。今後も、LAVIEのスローガン「PCとは、愛だ。」を実践すべく、皆さまに寄り添う製品を開発製造していきたいと考えております。

※「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどのPOSデータを日次で集計し、毎年1~12月の年間集計で販売数量トップのメーカーを表彰する制度。第20回となる「BCN AWARD 2019」は、117部門、56社が受賞した。