パナソニックは、BS4K・110度CS4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「4Kビエラ」として、「GX850シリーズ」4機種、「GX750シリーズ」2機種を1月25日から順次発売する。GX850シリーズとして、65V型、55V型、49V型、43V型、GX750シリーズとして、49V型、43V型を用意。パナソニックでは、両シリーズの月産台数として2万5000台を見込んでいる。


 2018年12月1日に新4K衛星放送がスタートし、本格的な4K映像の時代が到来しつつある中、パナソニックでは20年に開催される東京五輪とパラリンピックの公式テレビにふさわしい臨場感ある画質と音質を追求。

 特にGX850シリーズでは、地上デジタル放送などの通常映像をAI活用でHDRのような高コントラスト映像に変換する「AI HDRリマスター」、立体音響システム「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」の採用でテレビのスピーカーによる上下左右の立体音響、さまざまな視聴位置から鮮やかな映像を楽しめる「4K高輝度IPSパネル」や吸着機能付き「転倒防止スタンド」などを採用した。