2018年12月1日午前10時に、高画質・高音質の「新4K8K衛星放送(BS/110度CS 4K8K放送)」がスタートした。12月の開始時点では、BS右旋で5チャンネル、BS左旋で4チャンネル、110度CSで8チャンネルの計16チャンネルを展開する。

 視聴するには、対応するテレビ・チューナー・アンテナ・ケーブルなどが必要。「4Kテレビ」を買うだけでは受信できず、チューナーを内蔵する機種を選ぶか、外付けチューナーを接続する必要がある。一方、音楽・動画のストリーミング配信も普及しており、技術革新で高速・大容量化が進む「通信」に対し、電波を利用した「放送」が優位を保ち続けられるのか、注目が集まる。

 業界団体の放送サービス高度化推進協会(A-PAB)では、現在、BS・CS各局、NHK(地上波含む)、ケーブル局、家電量販店などで、「4K8K推進キャラクター」を務める深田恭子さんが出演するスポットCMを放映している。さらに、年末の1週間、東京メトロ車内の「メトロビジョン」で上映し、認知度向上を図る。
 
新4K8K衛星放送を受信するために必要な機器(総務省のWebサイトより)

 対象路線は東京メトロ全線(229編成)で、音声なしの「始まりました篇」15”スポットを上映する。実施期間は12月24日~30日。
 
「4K8K推進キャラクター」を務める深田恭子さん