201802221742_10.jpg

今春の新生活シーズンに向けて家電の販売現場が慌ただしくなってきた。毎年のことながら、新しい生活環境に移行する人が増えるこの時期は売上アップのチャンス。最新モデルの魅力をしっかり伝えて、高単価製品を訴求したい。押さえておきたいのは、顧客の状況に合わせた提案術だ。今回は「学生/新社会人」「ファミリー」「シニア世代」の三つのライフステージ別に需要が高いカテゴリのメーカー担当者に、最新トレンドと顧客に刺さるセールステクニックを聞いた。


201802221742_1.jpg

パナソニックの新社会人向け美容家電、乾かしながら髪質改善と毛先ケア

201802231231_1.jpg

1kgを切るノートPC「LAVIE Note Mobile」、新モデルの工夫点


201802231231_2.jpg

新大学生向けにPC各社が「勝ちパソコン」の提案

201803081413_1.jpg

201802221742_4.jpg

新カテゴリー登場! レイコップの次なる発明はふとんコンディショナー【PR】
 
201803081413_2.jpg

無線LANルータの販売単価アップ、エレコムが重視する販促ポイント

201802231231_3.jpg

業界最大容量の「ビッグドラム BD-NX120B」が便利なワケ

201802231231_4.jpg


201802221742_7.jpg

ヘルシーな揚げ物をお手軽に、ノンフライヤーで食生活の見直し

201802231231_5.jpg

リタイア世代におすすめ 「らくらくスマートフォン me」

201802231231_6.jpg