2020年を見据えたヤマダ電機の中期経営計画の柱の一つに、人事制度改革が含まれている。優秀な人材の育成と労務コストの削減の二つが大きな狙いだが、前職のダイクマ時代から総務・人事を取り仕切り、手腕を振るってきた桑野光正代表取締役社長 兼 代表執行役員COOは、この問題にどう取り組むのか。

取材/細田 立圭志、文/ 大蔵 大輔、写真/大星 直輝