ライカ監修の5Gスマホ「LEITZ PHONE 2」 ソフトバンクが独占販売

新製品

2022/11/18 15:00

 ソフトバンクは11月18日に、「ソフトバンク」の新商品として、独ライカの監修によるカメラやデザインを採用し、ライカの世界観を凝縮したシャープ製の5G対応スマートフォン「Leitz Phone 2(ライツフォン・ツー)」の独占販売を開始した。最大24回分の機種代金が不要となる「新トクするサポート」対象機種で、新トクするサポート適用前の一括販売価格は22万5360円。なお、取り扱いは一部店舗のみとなる。

Leitz Phone 2

 Leitz Phone 2は、約4720万画素の1インチイメージセンサーと高品質な非球面レンズであるズミクロンレンズをを採用したライカ監修カメラを搭載。5全画素Octa PD AF方式に対応しているので、動く被写体にも素早くピントを合わせられるほか、ポートレート撮影などで使える測距用センサーによって、被写体を自然に際立たせる写真も撮影できる。

 ライカらしい写真の撮影が可能な「Leitz Looks」モードには、ライカのレンズの画質を体験できる「Summilux 28」「Summilux 35」「Noctilux 50」の3つのモードを用意しており、フィルターは従来機種「Leitz Phone 1」に搭載されている美しいモノクロ写真の撮影が可能な「Monochrome」に加え、「Original」「Cinema Classic」「Cinema Contemporary」を備えている。

 本体は、本当に必要な要素だけを取り入れたシンプルで使いやすいデザインで、直感的に操作できるユーザーインターフェースによって、ライカの世界観を表現した。カラーはライカホワイト。また、ライカならではの機能性とデザイン性を兼ね備えた、高級感のあるマグネット式の専用レンズキャップとケースが付属する。

 CPUにオクタコアのSnapdragon 8 Gen 1、6.6インチPro IGZO OLEDディスプレイ(解像度2730×1260)、メモリ12GB、512GBのストレージ、約4720万画素+約190万画素のメインカメラ、約1260万画素のサブカメラ、最大1TBのメディアに対応したmicroSDXCカードスロットなどを搭載する。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LANと、Bluetooth 5.2。OSAndroid 12。

 バッテリ駆動時間は、連続通話が約2650分、連続待受が5G時で約440時間、4G-LTE時(FDD-LTE)で約520時間。サイズは幅77.0×高さ161.0×奥行き9.3mmで、重さは約211g。
ギャラリーページ

オススメの記事