PIXTA、3DCGで制作した「フォトリアル・バーチャルヒューマン」素材の販売開始

サービス

2022/10/07 17:00

 ピクスタが運営する、写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA」は、対話AI・バーチャルヒューマンの企画・開発を行うCapex(キャペックス)と協業し、人と見間違えるほど高品質な3DCGで制作された「フォトリアル・バーチャルヒューマン」素材の販売を開始した。

PIXTA、Capexと協業し、フォトリアル・バーチャルヒューマン素材を販売開始

 今回、PIXTAが新たに販売するバーチャルヒューマン素材は5点。これらのバーチャルヒューマン素材は、Capexが提供する、人と見間違えるほど高品質な3DCGで制作された「フォトリアル・バーチャルヒューマン」と、実在する人物モデルを被写体に撮影された写真などを、人物モデル本人の許諾を得たうえで、組み合わせて加工したもの。

 販売価格は、PIXTAで販売中の画像素材と変わらず、単品購入ならMサイズ1点1980円からで、定額プランでも購入可能。利用もPIXTAの利用規約に準じて使用することができる。

 PIXTAでは、今回のバーチャルヒューマン素材の販売を通じて、既存の人物写真素材の顔を架空の人物(フォトリアル・バーチャルヒューマン)に加工して提供するサービスや、将来構想中の3DCG素材への事業拡大とあわせて、3DCG人物モデル(バーチャルヒューマン)をキャスティングするサービスへの展開も視野に市場調査を行っていく方針。

オススメの記事