快適な洗濯をスマホで操作、パナソニックのななめドラム洗濯乾燥機 Cuble NA-VG2700

新製品

2022/09/06 19:30

 パナソニックは10月上旬に、「シワとり・消臭」コースを搭載し、アプリ機能を拡充したななめドラム洗濯乾燥機「NA-LX129BL/R」と「NA-LX127BL/R」の、2機種4モデルを発売する。価格はオープンで、実勢価格は「NA-LX129BL」(左開き)および「NA-LX129BR」(右開き)が39万円前後、「NA-LX127BL」(左開き)および「NA-LX127BR」(右開き)が35万円前後の見込み。

「NA-LX129BL/R」(左)と「NA-LX127BL/R」

 「NA-LX129BL/R」「NA-LX127BL/R」ともに、衣類のシワやニオイを取ることができる新開発の「シワとり・消臭」コースを搭載し、温水専用ヒーターで作ったスチームを、洗濯槽とファンを回転させて衣類全体に当てて湿らせた後、乾燥した風で水分を吹き飛ばすことでシワやニオイを取り除く。傷みが気になって頻繁に洗えない衣類の消臭や、バッグに入れていた上着のシワを取りたい場合、1日着用したパンツのシワを取りたい時などに適している。

 さらに、スマートフォン用の専用アプリ「スマホで洗濯」の機能を拡充し、アプリ専用コースとして従来のおしゃれ着系コースよりも洗う際の機械力を弱くして、ウール衣類を優しく洗う「ウール」コース、水ヒーターを使って水を温めることで洗浄力を高めるとともに、すすぎの回数と時間を増やして徹底的にすすぐ「シーツ」コースを追加した。

 ほかにも、「終了時刻クラウド予測」における「おまかせ(洗濯~乾燥)」コースの運転終了時刻が、より正確に予測・表示されるようになったほか、同アプリに接続されているすべてのななめドラム洗濯乾燥機から取得した運転データと、ユーザーの日々の運転状況をAIが学習して、1人ひとりの洗濯スタイルに合わせたより精度の高い運転終了時間をアプリで表示できるようになり、家事の段取りをより効率的してくれる。

 「NA-LX129BL/R」では、洗濯終了後に毎回ナノイーX(48兆)を槽内に放出することで、洗濯槽の黒カビの菌(胞子)を除菌するため、黒カビ対策での槽洗浄の手間を省け、1回約3時間の運転で清潔な洗濯槽を保てる。

 いずれのモデルも、洗濯・脱水容量は12.0kg、乾燥容量は6.0kg。

オススメの記事