48V以上の大画面テレビを壁にピタッと寄せる! 見た目もスッキリ、壁寄せスタンド

新製品

2022/05/18 19:00

 木製家具やテレビ、オーディオなどのラック、スタンドのメーカーである朝日木材加工は「壁ピタテレビスタンド WS-F820-WD/WN」を6月上旬から発売する。

朝日木材加工の「壁ピタテレビスタンド WS-F820-WD/WN」

 大画面テレビは本体もベゼルも薄く、壁掛けすると映像だけが浮かび上がって見える。壁に設置するため、置くスペースを取らずにインテリアの一部にもなる。しかし、壁掛けは直接壁に工具を取り付けたりする工事が必要で、手間も費用もかかるのがネックだ。

 そこで、このところ注目されているのが壁寄せスタンド。スタンドにテレビを組み込んで壁に寄せる。壁に穴を開けたりせずに壁掛けと同じような見た目が実現するからだ。

壁とテレビの隙間は従来品より100mm短い25mm

 1966年創業で木材家具の製造販売を事業とする朝日木材加工は、新製品の「壁ピタテレビスタンド」WS-F820-WD/WNを6月上旬から発売する。
 
オプションの棚板を使うとシアターバーやレコーダーなどもスタンドに収納可能

 同製品は壁寄せタイプのテレビスタンドで、特許申請中の固定金具機構を採用し、壁とテレビの隙間を同社の従来品より100mm短い25mmに抑えた。工事が不要で、設置したテレビが従来品よりも壁にピタッと張り付いているように見える。

 テレビスタンド本体は幅816mm×奥行510mmで、これは主に床と接するベース部のサイズ。ベース部と床面の段差は3mm以下に抑え、つまずきを防ぐ仕様となっている。高さは1218~1468mm。50mm間隔で5段階の調節が可能だ。取り付けるテレビの画面サイズは48V~77V型まで。

 ケーブル類はスタンドの背面に隠せて見た目もスッキリする。ベース部はホワイト&ダークブラン(WD)とホワイト&ナチュラル(WN)の2色展開。棚板とシアターバー棚板がオプションとして用意され、両者とも耐荷重は5kg。また、背面に外付けHDDを格納して設置できるHDDホルダーのオプションもある。
 
ケーブル類は背面に収納できる仕様となっている

 市場想定価格は本体(WS-F820-WD/WN)が53900円。オプションの棚板(WS-F820SH-W)は6600円、シアターバー棚板(WS-F820SB-W)が7700円、HDDホルダー(WS-HLD100)が4400円。本体、オプションとも6月上旬の発売を予定している。

オススメの記事