• ホーム
  • ライフスタイル
  • 超人気ボールペン「uni-ball one」に新シリーズ! SNS映えするデザイン&低重心で安定の書き味

超人気ボールペン「uni-ball one」に新シリーズ! SNS映えするデザイン&低重心で安定の書き味

新製品

2021/09/02 08:30

 三菱鉛筆は9月21日に、ゲルインクボールペン「uni-ball one(ユニボール ワン)」の新製品として、軸色や書き味の上質感を高めた「uni-ball one(ユニボール ワン) F」を発売する。ボール径0.38mmモデル(UMN-SF-38)は、軸色が消炭(ブラック)、無垢(グレー)、花霞(ピンク)、日向夏(イエロー)の4色。ボール径0.5mmモデル(UMN-SF-05)は、軸色が霜柱(ブルー)、葉雫(グリーン)、茜空(レッド)の3色。どちらも、インク色は黒で、参考価格は330円。

uni-ball one F

 「uni-ball one F」は、テーマ性のある軸色と低重心で安定した書き味が特長のゲルインクボールペン。

 軸色は、雑貨や日用品に近年着しつつある、くすみ色をベースとしつつも時の経過を感じさせるようなあせた色合い(フェイデッドカラー)に仕上げており、色の選定にあたっては使う人に情緒的な感性を共感してもらえるような、日常生活で目にする何げない景色に着目した。
 
軸色は、テーマ性を持たせた計7色を用意

 軸のデザインは、凹凸部分を限りなく減らしたなめらかなフォルムで、先端の金属パーツのワンポイントがシンプルさを際立て、洗練された印象となっている。

 ペン先の金属パーツは、見た目のスタイリッシュさだけでなく、低重心で安定した書き味を生み出す「スタビライザー機構」を搭載し、「uni-ball one」最大の特徴である「濃くくっきり」した黒インクを、軽い力でより安定してなめらかに書くことができる。

オススメの記事