ソニー、有機ガラスのグラスサウンドスピーカー キャンドルライトモードが進化

新製品

2021/07/14 22:00

 ソニーは8月6日に、有機ガラス管を震わせて音を出す、イルミネーションLEDを備えたBluetooth 5.0対応グラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」を発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万9000円前後の見込み。

LSPX-S3

 「LSPX-S3」は、有機ガラス管を高域再生のためのトゥイーターとして使用し、中央に配置したウーファーから中低域を再生する。本体下部のパッシブラジエーターが低域を増強することで、奥行きのある音響を実現している。

 ウーファーユニットの口径を46mmに大型化することによって、中低音の音質を豊かにし、クラシックやジャズをはじめとする幅広いジャンルの音楽や、ボーカルの入った曲などを楽しめる。

 イルミネーションLEDは、32段階の明るさ調節が可能で、光がキャンドルのように揺らぐ「キャンドルライトモード」を搭載する。バリエーションは従来機種である「LSPX-S2」よりも増えており、音楽に連動するモードや強弱などを備えている。また、新たに搭載されたタッチセンサーから、明かりのオン・オフや調節、キャンドルライトモードの設定ができる。

 よく使用するボタンを本体側面に、その他を底面に配置するなど、デザイン性と使い勝手の両立に細部までこだわるとともに、ボディ表面のミネラルシルバーは金属感と鉱物のような柔らかい輝きを持つ粒子を組み合わせた滑らかな触感にするなど、質感や持った時の肌触りも追求した。

 そのほか、Bluetooth接続によるハンズフリー通話に対応しており、充電端子にはUSB Type-Cを採用する。また、スマートフォンからの本体操作や、本体2台の連携によるステレオ再生といった機能も備えている。

 対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFP。対応コーデックはSBC、AAC、LDAC。Bluetooth接続時のバッテリ駆動時間は約8時間。

オススメの記事