ソニーネットワークコミュニケーションズは11月15日に、ネットワークLEDシーリングライト「マルチファンクションライト」の新製品として、AptX LL対応Bluetooth機能を搭載した軽量・小型モデルを発売した。Amazon.co.jpを皮切りに、家電量販店などでも順次発売予定。

「マルチファンクションライト」のサウンドイメージ

 専用のLEDシーリングライト「LGTC-30」と、人感・温度・湿度・照度のセンサー、マイク、スピーカーなどを搭載し、コントロール機能を備えたマルチファンクションユニット「LGTG-200」で構成。LEDシーリングライト部分は、従来機種より直径を80mm小型化し、重さも従来より1.6kg軽い3.1kg以下に抑えた。
 
小型・軽量化で部屋に馴染むコンパクトなサイズに

 ユニット部のLGTG-200は、遅延の少ないコーデックAptX LL、SBC、AAC対応のBluetooth機能(Bluetooth 5.0)を搭載し、Bluetooth対応テレビと接続すると、前だけでなく天井からもサウンドが響き、迫力あるサウンドで楽しめる。

 また、ユニット自体が赤外線リモコンとして動作するので、本体を経由してテレビなどの家電を操作できるほか、スマートフォンアプリ経由で宅外からの操作や、部屋の温度・湿度の見える化、タイマーによる自動操作や音声による通知などもできる。
 別売のスマートスピーカーを通じて、Amazon AlexaやGoogleアシスタントによる、家電の音声操作や音楽のストリーミング再生なども可能。LEDシーリングライトの適用畳数は10畳相当、色温度は電球色(2800K)~白色(6600K)。

 価格はオープンで、税別の実勢価格はセットで3万円前後。なお、アプリからテレビを操作する機能はセットアップ後14日間は無料、以降の継続利用は有料となるが、12月末までの購入に限り、ソフトウェアライセンスを無料とするキャンペーンを実施している。