アイリスオーヤマは、スマートスピーカーを介さず、直接音声で呼びかけて電源のオン・オフなどができるLEDシーリングライト「音声操作シーリングライト」第1弾として、「6.1シリーズ」10機種と「5.11シリーズ」4機種を9月27日から順次発売する。

音声操作シーリングライト

 本体に音声認識AIとマイクを搭載し、無線LAN環境やスマートスピーカー、専用アプリを使うことなく、設置してすぐに音声操作が可能な調光対応シーリングライト。ウェイクアップワード「アイリス」に続けて、あらかじめ設定されている9種類の指示内容を発話するだけで、電源のオン/オフや調光・調色といった操作が可能で、5秒以内にキーワードを続けて話すと、「点灯」+「調色」など連続した操作もできる。

 2018年11月に発売した「スマートスピーカー対応LED照明」のように、スマートスピーカーと連携して照明器具を操作した場合と比較して、認識から点灯までの反応速度を1秒未満に短縮した。なお、アンサーバックの確認音として、呼びかけた後、シーリングライトが「ピッ」と鳴る。

 デザインは、「プレーンタイプ」「クリアフレーム」「モールタイプ」の3種類を用意し、生活空間の雰囲気やイメージに合わせて選べる。このうち、プレーンタイプの3機種は、調色に対応していない。
 
(左から)プレーンタイプ、クリアフレーム、モールタイプ

 6.1シリーズの税別価格は、プレーンタイプの6畳用(調光のみ)が1万3800円、8畳用が1万4800円、12畳用が1万5800円、プレーンタイプ(調光・調色あり)の6畳用が1万4800円、8畳用が1万5800円、12畳用が1万6800円、「クリアフレーム」の8畳用が1万6800円、12畳用が1万7800円、「モールタイプ」の8畳用が1万6800円、12畳用が1万7800円。

 5.11シリーズの税別価格は、プレーンタイプの8畳用が1万3800円、12畳用が1万4800円、クリアフレームの8畳用が1万4800円、12畳用が1万5800円。