音圧&音質が大幅向上! ソニーのワイヤレススピーカー「SRS-XB」シリーズから新モデル

新製品

2020/06/16 17:30

 ソニーは6月16日、ワイヤレススピーカー「SRS-XB」シリーズから新モデル3機種を発表した。税別実勢価格は、「SRS-XB43」が2万3000円前後、「SRS-XB33」が1万8000円前後、「SRS-XB23」が1万2000円前後。7月3日に発売する。

スピーカーユニットの形状見直し&面積拡大で音圧と音質がブラッシュアップされた
「SRS-XB」シリーズの新モデル(写真はSRS-XB43)

 新モデル最大の特徴は、振動板の形状を変更したX-Balanced Speaker Unitだ。振動板のサイズを最大化するための設計で、本体サイズはコンパクトなままで音圧や音質を大幅に向上した。

 具体的にはSRS-XB33とSRS-XB23で従来比32~54%拡大した非対称形を採用し、解像度が高く、音場の広がりがあるクリアな音質を実現。従来比15%拡大したSRS-XB43は超楕円形を採用し、ボーカルサウンドや低域再生の厚みを強化した。
 
SRS-XB43は超楕円形を採用
 
SRS-XB43は卵形を採用

 新ユニットに合わせて、パッシブラジエーターが前後からサイドにポジションチェンジ。こちらも面積が拡大され、低音をよりクリアにした。SRS-XB43のみ、新たに2Way Speaker Systemを採用することでボーカルのクオリティが向上している。従来モデルからIPX67の高い防水・防じん性能を誇っていたが、新モデルからはさらに「防錆」が加わり、海でも安心して利用できるようになった。

 最もコンパクトなSRS-XB23については、本体形状の変化も大きなポイント。横置きだけでなく、縦置きもできるデザインになった。縦置き時には、音が十分に広がるように独自アルゴリズムのモノラルモードを搭載するなど、ソフトにも工夫を施している。ストラップを付属し、家中でひっかけて使用できるなど、スタイルも広がった。
 
縦置きもできるようになった「SRS-XB23」

 このほか、本体デザインに合わせて音と連動するライディング機能を刷新、最大100台と接続可能なパーティコネクト機能、充電ケーブルをUSB Type-Cに変更するなど、音質以外の部分でも改善が施されている。カラーは、SRS-XB43とSRS-XB33がブラック・ベージュの2色展開。SRS-XB23がブラック・ベージュ・ブルー・レッド・グリーンの5色展開。

オススメの記事