5000円台で高水準のノイキャン&音質を実現! JPRiDEから「TWS-5 ANC」

 エムピートレーディングは、ハイブランドの音質とクオリティを低価格で実現するオーディオブランド「JPRiDE(ジェイピーライド)」から、ハイレベルなノイズキャンセリング性能と音質の両立を追求した完全ワイヤレスイヤホン「TWS-5 ANC」を6月21日に発売した。価格はオープン。市場想定価格は5600円前後。

JPRiDEブランド初のノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホン
「TWS-5 ANC」

 新製品は、JPRiDEブランド初となるノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。すでに市場では多くのノイズキャンセリング機能搭載のモデルが投入されているなか、「ハイブランドの音質を低価格で」をコンセプトに、「ハイブランドに見劣りしないパフォーマンス」を追求するブランドとして、後発ながらも納得のいくレベルまでANC性能と音質の完成度を高めたモデルとなっている。

 ハイブリッド式を採用したノイズキャンセリング性能は、純粋にそのノイズキャンセリングレベルを上げるだけでなく、使用時の“心地よさ”も追求。不快な原因となるANCイヤホン特有の“圧迫感”を抑えながらも、最大-28dBというクラス最高レベルの静寂性も達成した。

 また、オーディオブランドとして“音質”にも妥協することなく、完全ワイヤレスイヤホンとしては最大クラスであるφ12mmの厳選された大口径ドライバーを搭載し、音響エンジニアによる度重なるチューニングを施すことで、ANC機能を有効にした時の音質面での課題となる音痩せ問題を解消。大口径ドライバーならではの広がりのある音場感と弾力感のある重低音、キレがありながらも嫌味のない中高音は長時間のリスニングでも疲労感を覚えにくく、心ゆくまで好みの音楽や動画を臨場感あふれるサウンドで楽しむことができる。

 さらに、周囲の音を収音する外音取り込み機能(Hear Through)、安定した接続性と左右単独使用を可能にするマスター・スレーブスイッチ機能、クリアな通話を実現する通話用ノイズキャンセリングなど、ガジェットとしての機能も最新クラスのスペックを網羅している。

オススメの記事