ベストセラーの第2世代モデル登場! JPRiDEの超コスパ完全ワイヤレスイヤホン

 エムピートレーディングは6月4日に、オーディオブランド「JPRiDE(ジェイピーライド)」から、「TWS-520」をベースに開発した第2世代モデル完全ワイヤレスイヤホン「Premium TWS-520 MK2」と「TWS-335」の2機種を発売した。価格はどちらもオープン。

Premium TWS-520 MK2

 「Premium TWS-520 MK2」は、ガジェット思考ではなくオーディオ思考の設計によって、ピュアオーディオのグレードを追求したBluetooth 5.0接続の完全ワイヤレスイヤホン。税込の実勢価格は7000円前後。

 剛性の高いハウジング設計を採用することで不要な振動を抑制し、ボリューム感のある重低音を再現しつつ、濁りのないクリアな音質を実現した。コイル、振動板といったハイエンドなマテリアルを採用し、オーディオ製品として綿密に設計されたアコースティック機構を取り入れたほか、さまざまなイヤーピースに対応可能なシステム、ケース設計によって、好みの音質や装着感に合わせて、他社製のオーディオ用イヤーピースなども使える。

 ほかにも、左右それぞれに2基のマイクを搭載し、近距離で検出した音声と遠距離で検出した音声を分析して、ノイズを減衰させて相手にクリアで聞き取りやすい音声を伝える通話用ノイズキャンセリング「ENCノイズリダクション」をそなえており、快適な通話を実現している。

 対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。対応コーデックはSBC、AAC、aptX。連続再生時間は、単体では最大6時間、付属の充電ケース併用で最大25時間。
 
TWS-335

 「TWS-335」は、「JPRiDE」史上最小・最軽量のコンパクトなBluetooth 5.0接続の完全ワイヤレスイヤホン。税込の実勢価格は3500円前後。

 周囲の電波状況や左右イヤホンの電池残量などを考慮して、左右のイヤホンが自動で親機に切り替わる「マスター・スレーブ動的スイッチ機能」を搭載し、接続の安定性や再生時間を向上するとともに、左右どちらでも単体で使用できるようにした。

 ほかにも、通話用のノイズキャンセリング機能や、タッチコントロール機能を備えている。

 対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。対応コーデックはSBC、AAC。連続再生時間は、単体では最大5時間、付属の充電ケース併用で最大20時間。

オススメの記事