エムピートレーディングは、オーディオブランド「JPRiDE(ジェイピーライド)」から最先端クラスのQualcomm製チップやUSB Type-Cポートなど最新クラスのスペックを搭載した完全ワイヤレスイヤホン「TWS-X」を8月7日に発売した。価格はオープンで、実勢価格は5480円前後。

完全ワイヤレスイヤホン「TWS-X」

 TWS-Xは、JPRiDEブランドの「ハイブランドの音質とクオリティを低価格で」というコンセプトを実現し、現在各ECサイトでそのスペックとコストパフォーマンスの高さからトップクラスの販売実績とユーザーからの支持を獲得している完全ワイヤレスイヤホン「TWS-520」の姉妹モデル。

 デザインは、全体的にマットフィニッシュのブラックで統一し、要所に美しい鏡面仕上げを施すことでシンプルながらも高級感を演出している。さらに、ケースはロゴマークのプリントや刻印がない極めてミニマムなデザインを採用。日常使いにも便利なコンパクトサイズも実現することで、ユーザーが長年飽きずに使用できるデザインを追求した。

 また、一番こだわったのが音質。スタンダードモデルならではのバランスの良さを追求しながらも、オーディオ製品として音楽に思う存分浸ることができるようなサウンドの実現を目標にチューニングを実施。

 高音の刺々しさや派手な低音など不快に感じる要因を排除しながらも、外出先でも音痩せしない厚みのある低音と自然なボーカル域が再現できる中高域を突き詰めることで長時間の使用でも聴き疲れしにくく、音楽に没頭することができるバランスの良いサウンドを実現した。

 機能性は、新しい時代のスタンダードモデルとして最高水準を追求。高音質コーデック、CVC通話用ノイズキャンセリング、自動ペアリング、タッチコントロール、生活防水レベルIPX5の対応など、日常使いを快適にする最先端クラスのスペックを実現した。

 ワイヤレス製品の性能を左右するチップセットには、品質の高さで定評のあるQualcomm製のチップセットQCC3020を搭載。その省電力設計によって、単体で最長9時間の連続使用という使い勝手の良さと、接続の安定性を実現。

 また、イヤホン本体にはタッチ操作対応のマルチファンクションボタンも搭載し、音楽の再生停止や音量調整、着信の対応や通話など、基本的な操作は全てタッチで完結する。通勤通学時にも、テレワークでのオンライン会議にも、いつでも、どこでもストレスフリーに使用できる。

 多くのスマートフォン/Androidデバイスでの高音質再生を実現する「aptX」と、iPhoneなどiOSデバイスでの高音質再生を実現する「AAC」それぞれに対応することで、幅広いデバイスで安定して音楽や動画を高音質で楽しめる。

 現在最新のガジェット製品で主流となってきた規格USB Type-Cを充電用コネクタに採用。手持ちのスマートフォンがUSB Type-Cを充電用コネクタに採用している場合はケーブルを共有することが可能になり、わざわざ充電用ケーブルを別途持ち運ぶ必要がなくなる。