「スシロー×プラレール」で夢の“おうち回転寿司”が実現!

新製品

2021/05/29 07:30

 あきんどスシローはタカラトミーとコラボレーションし、タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品として、おうちですし屋さん気分が楽しめる「極み!おとどけ!スシロー×プラレール」を7月中旬に発売する。全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、ネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで販売する。

「極み!おとどけ!スシロー×プラレール」

本物の食品を乗せるのはプラレールで初

 極み!おとどけ!スシロー×プラレールは、プラレールを使ったすしのお届け遊びを誰でも簡単に楽しむことができるオールインワンセットだ。
 
本物の食品を乗せるのはプラレールで初めて

 本物の食品を乗せて楽しむ商品は、プラレールとして初となる。今から62年前の1959年、ちゃぶ台の上で遊べるおもちゃとして誕生したプラレールが、現代でも家族や友達と食卓を囲む楽しい思い出となってほしいという想いを込めた。
 
「すし特急おまち」がすしを運ぶ

 専用列車「すし特急おまち」のほか、お皿、お皿を載せる専用の貨車、オリジナルデザインのプラレールすし4種類が付属しており、おすし屋さんごっこが楽しめるほか、本物のおすしを乗せて走行させることもできる。
 
店頭ディスプレイイメージ

 回転すしの「スシロー」とコラボレーションし、ロゴ入りの看板(すしゲート)や、メニューが掲載されたボード(お客さん駅ボード)、“おてもと”や“わさび”などを模した紙小物を付属した。自宅にいながらスシロー気分を楽しむことができる。
 
別売りのプラレールと組み合わせて
「ぐるっと一週!回転ずしスタイル」に

 すし特急おまちは、すしを運ぶ専用の新車両。屋根部には大漁旗を掲げ、本体にもスシローのロゴや勢いよく跳ねるマグロのイラストをあしらったデザインで、付属の貨車やお皿とあわせて使用し、同時に3皿までおすしを運ぶことができる。

 付属のすしパーツだけでなく、本物のすしを乗せて遊べる。付属の新パーツの「往復レール」とあわせて使用することで、任意の区間を自動でスイッチバックさせることができ、「板前さん」「お客さん」の役に分かれておすし屋さんごっこを楽しめる。価格は6160円。

オススメの記事