• ホーム
  • トレンド
  • マクドナルドのトレイに注目! 本格寿司の食べ放題やPayPay×PayPay銀行のキャンペーンも

マクドナルドのトレイに注目! 本格寿司の食べ放題やPayPay×PayPay銀行のキャンペーンも

【話題のニュースダイジェスト】 2021年5月14日から20日までの期間、「BCN+R」で話題だったのは、マクドナルドのトレイに関する記事だった。循環型社会の実現を目指す姿勢が注目を集めたようだ。また、1650円の寿司食べ放題にも関心が高まった。さらに、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」とPayPay銀行によるキャペーンも多く読まれた。ニュースを振り返る。

“茶”と“緑”で分かれているワケ

 マクドナルドのトレイは1色ではない。大きく分けて茶色のトレイと、鮮やかな緑色のトレイがあるのだ。単純に考えれば1色の方が効率的だが、世界的な大企業が意味もなくコストをかけているはずがない。一体、なぜ茶色と緑色が用意されているのか。
 

 注目したのは、緑色のトレイ。元から使われていた茶色に加えて2018年に登場した“新色”だ。18年といえば、同社がハッピーセットのおもちゃを回収し始めた時期と重なる。この新色トレイの正体は、「役目を終えたハッピーセットのおもちゃ」という。素材の約10%におもちゃ由来の樹脂を利用している。

5月31日まで開催

 クリエイティブプレイスが運営する日本酒原価酒蔵 新宿東口店は、「1650円で本格寿司食べ放題キャンペーン」を5月31日までの期間限定で実施している。
 

 今回のキャンペーンは、高級寿司店「SUSHITOKYO81」「鮨一」「鮨あさひ」を手掛ける同社だからこそできる、こだわりの赤酢を使用した本格寿司の食べ放題となる。

対象のドラッグストアで最大全額戻ってくる

 PayPay銀行とPayPayは、対象のドラッグストアで抽選によって最大全額が戻ってくる「PayPay銀行限定!ドラッグストアジャンボキャンペーン」を6月15~30日に実施する。
 

 条件は、PayPay銀行の口座を2021年5月31日時点でPayPayに登録していること。登録が完了しているかどうかは、PayPayアプリの「支払い方法の管理画面」から確認できる。

2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査

 MMD研究所は5月18日、18~69歳の男女を対象に実施した「2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査」の結果を発表した。メイン利用のスマートフォン(スマホ)を2021年3、4月に契約した人(3708人)に通信サービスを尋ねた質問では、「ahamo」(22.9%)が最も多く、以下「Rakuten UN-LIMIT VI」(18.7%)、「povo」(12.6%)という順番になった。
 

 調査は4月20~22日の期間に行われ、予備調査で18~69歳の男女4万人、3月以降に新たに通信会社契約を行った人を対象にした本調査で1100人から有効回答を得た。

コスパ抜群!

 大型ホールセラーのコストコで、いま話題のハイローラーは、食べごたえのあるボリュームでコスパ抜群のラップサンドだ。カロリーは高くなるが、焼いたりチーズをのせたりするとおいしさが倍増する。
 

 焼いてパリッとした食感がおいしいハイローラーを、「追いチーズ」でさらにパワーアップ。元々チーズが入っているハイローラーに、市販のとろけるチーズやピザ用の細切りチーズを追いチーズすると、きっとクセになる。

オススメの記事