台湾の医療メーカー、日本医療機器認証済みのパルスオキシメーターを販売

新製品

2021/05/15 08:30

 リードテックジャパンは5月中旬から、台湾Leadtek Researchの医療ブランド「amor(アモー)」によるパルスオキシメーター「Leadtek パルスオキシメータ 8D01B」を販売する。価格は7980円。

Leadtek パルスオキシメータ 8D01B

 8D01Bは、指先を本体に差し入れるだけで自動的に電源がオンになり、ただちに測定を始められる。指先を本体から抜くと約7秒で自動的に電源がオフになるため、電池(単4形アルカリ乾電池×1本を使用)の消耗を抑えられ、軽量なので外出先へも手軽に持ち運べる。
 
Leadtek パルスオキシメータ 8D01B

 本体には、有機ELを採用したカラーディスプレイを搭載し、明るさ変更や本体の向きに合わせた表示の回転にも対応する。

 そのほか、測定中の揺れや動きによる中断の影響を最小限に抑える「アンチモーション機能」、操作/設定用のミニジョイスティック、SpO2および脈拍数があらかじめ設定した範囲に達すると警告する機能も備える。また、専用のストラップとポーチが付属する。
 
専用ストラップとポーチが付属

 パルスオキシメーターは、指をはさむことで採血することなく動脈血中の酸素飽和度や脈拍数を測定できる医療機器で、販売にあたっては認証が必要となる。8D01Bは、日本医療機器認証を正式に取得している。

オススメの記事