• ホーム
  • 業界動向
  • 「パルスオキシメータ VC-100シリーズ」の販売開始、血中酸素飽和度を測定できる医療機器

「パルスオキシメータ VC-100シリーズ」の販売開始、血中酸素飽和度を測定できる医療機器

時事ネタ

2021/02/02 13:00

 プレシャスケアは、血中酸素飽和度(SpO2)と脈拍数(PR)を簡単に測定できる医療機器「パルスオキシメータ VC-100シリーズ」3機種を、2月上旬から各オンラインショップで販売開始した。

「パルスオキシメータ VC-100シリーズ」

 パルスオキシメータは、クリップに指を挿入して電源を入れるだけで、血中酸素飽和度と脈拍数を測定ができる医療機器。医療機関で幅広く使用されているほか、コロナ禍の昨今では、家庭での体調・健康管理にも使用されている。日々の数値を測定して記録することで、体調不良や異変を一早く把握し、対処することができる。
 
VC-100 C2

 新製品のVC-100シリーズは、軽量でコンパクトなため、持ち運びや収納に便利。電源を入れるだけで測定ができ、誰でも簡単に使用できる。また、本体から指を抜くとオートオフ機能により約8秒で電源が落ちるため、切り忘れの心配もない。
 
VC-100 CN330

 カラーディスプレイには有機ELを採用し、目に優しく、精細な表示を実現。さらに、本体の向きに合わせて、画面表示の向きを4通りに自動で切り替えることができるほか、電源スイッチを長押しすることで、表示画面の明るさを1-10段階で変更することができる。
 
VC-100 C55(子供向け)

 なお、製品を供給するBeijing Choice Electronic Technologyは1993年に設立され、中国で最初にパルスオキシメータを製造した信頼と実績のあるメーカーとなっている。

オススメの記事