創業65周年のティファール、取っ手つき調理器具をフルリニューアル!

新製品

2021/02/24 16:00

 グループセブ ジャパンは、ティファールの「取っ手つき調理器具」を、3月に総リニューアル発売する。

ティファールが定番の「取っ手つき調理器具」を3月にフルリニューアル

 フランスでティファールが生まれて今年で65周年を迎える。ティファールは、長い歴史のなかで、調理器具のトップブランドとして培ってきた技術力を駆使し、こびりつきにくいフライパンを追求し続け、進化を続けてきた。今では世界約150か国で愛用されている。65周年の今年、全「取っ手つき調理器具」シリーズの中面コーティングの耐久性をはじめ、機能を大幅に改良した。

 なかでも最高ランクとなる「チタンアンリミテッドコーティング」は、硬度の高い「ハードクリスタル」を表面に近いフィニッシュ層に使用し、摩耗耐久性を高めた。金属ヘラも安心して使える耐久性を実現した。また、底面のIHディスクが従来品と比較して約7%広くなり、IHヒーターとの接地面が広がることにより、フライパン全体に熱が効率よく伝わることで焼きムラなく料理がおいしく仕上がる。

 さらに、ティファールの赤い「お知らせマーク」が新しくなり、適温になると模様が消えて食材を入れるベストなタイミングがわかりやすくなった。こびりつきにくさが長続きするティファールの調理器具で、調理も手入れもストレスなく使うことができる。

 このほか、外面は炎に強い素材シリカを加えたエナメル加工で、キズや汚れがつきにくく、きれいな色が長持ちする(ガス火対応・外面エナメル加工製品のみ)。また、ガス火対応・外面ふっ素樹脂加工製品では、丈夫な素材を採用し、底面を薄くしても変形しにくくなっている。薄くすることで、軽量化を実現した。

オススメの記事