在宅時間の増加などを受けて、新冷暖システム「Z空調」をヤマダホームズで販売

新製品

2021/01/07 16:30

 ヤマダホールディングスとヒノキヤグループは、ヤマダホールディングスの子会社であるヤマダホームズでの冷暖システム「Z空調」販売を開始することを1月5日に発表した。

「Z空調」の概要

 Z空調は、「家中隅々まで快適、しかも経済的」を基本コンセプトとし、ヒノキヤグループの連結子会社である日本アクアが提供する断熱材「アクアフォーム」で建物の断熱・気密を高め、空調をダイキン工業、換気を協立エアテックが担うことで実現した新冷暖システム。

 独自技術によって、従来の全館空調の導入コストを大幅に下回る販売価格と、壁掛けルームエアコンと同等の電気代を実現しており、家中どこでも24時間365日快適な温度を維持できる。

 ヤマダホームズでの「Z空調」の販売は、近年の日本の厳しい自然環境や、健康に対する考え方、新型コロナ禍での在宅時間の増加などによる、導入ニーズの高まりを受けて開始された。

オススメの記事