• ホーム
  • 業界動向
  • ヤマダ電機、住宅関連4社を合併、「ヤマダホームズ」に社名変更

ヤマダ電機、住宅関連4社を合併、「ヤマダホームズ」に社名変更

経営戦略

2018/08/29 16:30

 ヤマダ電機は8月28日、10月1日付で住宅・建築関連事業を行う連結子会社4社を合併し、存在会社となるヤマダ・エスバイエルホームの社名を「ヤマダホームズ」に変更すると発表した。

 パネル工法の注文住宅を手がけるヤマダ・エスバイエルホーム、在来工法の注文住宅を手がけるヤマダ・ウッドハウス、ヤマダ・エスバイエルホームの子会社のハウジングワークス、エス・バイ・エル住工の4社を合併する組織再編を行い、「『スマートハウス』住宅で暮らしまるごと、あなたの未来を豊かに変えていく』をコンセプト」に、住宅事業のさらなる拡大と経営基盤の強化を目指す。
 
ヤマダ電機が力を入れる「スマートハウス」

 なお、ヤマダ・エスバイエルホームは9月1日付でヤマダ電機の100%子会社となる予定。また、新会社ヤマダホームズの代表取締役には増田文彦氏が就任する。

オススメの記事