有害物質を遮断する特許技術の空気清浄型マスク、呼吸しやすいフィルターも

新製品

2020/12/02 11:30

 イージーグループは12月1日から、空気清浄型「エアマックマスク」の販売を日本で開始した。フィルター交換式で、フィルターは2か月使える4つ入りが1980円で購入できる。

空気清浄型「エアマックマスク」

 エアマックマスクは、韓国のIT省のPM2.5対策の国家プロジェクトとして開発された空気清浄型マスク。すでに8カ国で4件の特許登録とデザイン特許16件を取得している。また、40以上の大学や研究所とのコラボでオリジナル技術を確保。Stanford、UC Berkeleyなど20以上のグローバル大学との研究MOU、6つの企業研究参加の結果、商品化が実現した。

 3重構造の抗菌機能フィルターによる優れた有害物質遮断機能を備えており、コロナ対策だけでなく、各種有害物質の遮断に効果があるという。マスクボティーには、幼児用品や厨房用品にも使用されるシリコン素材を採用。また、空気抵抗の少ないバルブ式マスクのため、呼吸がしやすく、通勤電車内の使用や激しい呼吸が必要な冬スポーツにも最適。マスク着用の際に眼鏡が曇ることもないとうたう。

オススメの記事