楽天モバイル、初回契約で最大2万8000ポイント還元 オンライン本人確認も可能に

サービス

2020/11/04 19:00

 楽天モバイルは11月4日、同社のサービスを利用しやすくするため、新たな三つの施策「ZERO宣言」「eKYC(electronic Know Your Customer)導入」「最大2万8000ポイント還元キャンペーン」を発表した。

楽天モバイルが実施する三つの施策

 発表会に登壇した楽天の三木谷浩史会長兼CEOは、「世界初の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークだからこそ実現できる。既存の仕組みよってコストを抑えることができるので、削減できている分はユーザーに還元し、利便性を高めていきたい」とコメントする。
 
楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼CEO

 ZERO宣言は、プラン料金1年無料(2980円/月)や5G通信、アプリ利用での国内通話料、SIM交換手数料、SIM再発行手数料に加え、11月4日から契約事務手数料、MNP転出手数料、契約解除料も0円にする施策の総称。三木谷会長は、「ニューノーマル」と表現し、乗り換えの手間をユーザーにかけないことで利用しさすさの向上を図る。
 
「ZERO宣言」の内容

 eKYC導入は、オンライン上で完結する「AIかんたん本人確認」のこと。スマートフォンを用いて「運転免許書の券面と顔を撮影して送るだけで、本人確認を完了することができる。将来的には、ICチップの読み取り機能を追加し、マイナンバーカードにも対応する予定だ。日本の携帯キャリアサービス契約では、初めての取り組みになる。
 
日本の携帯キャリアサービス契約で初のeKYC導入

 「my楽天モバイル」アプリへの導入がAndroidが11月9日、iOSが11月30日としている。楽天モバイル公式サイトへも順次導入するという。これまでは、SIMカードが届くのを待ったり、本人確認書類をアップロードしたりする手間があった。しかし、今後はeSIMと組み合わせれば、オンラインで契約して本人確認が完了次第、すぐに楽天モバイル回線を使えるようになる。
 
最大2万8000ポイント還元キャンペーン

 最大2万8000ポイント還元キャンペーンは、12月1日8時59分までの期間限定施策。Rakuten UN-LIMIT V(SIM)に初めて申し込むと、誰でも8000円分のポイント還元を受けることができる。また、事務手数料も0円になる。また、スマホ本体も一緒に購入すると、最大2万円分のポイント還元を受けられる。

オススメの記事