KDDI、東京23区の楽天向けローミングエリアを21年3月に終了

経営戦略

2020/10/27 19:35

 KDDIは、東京23区における楽天モバイルへのローミング提供を2021年3月までで原則終了する。同地域は、20年10月以降に順次終了する都道府県の一部としてあげられていた。

KDDIの東京都における楽天ローミングエリア

 両社は、楽天モバイルの自前エリアの人口カバー率が70%を上回った時点で協議のもと、提供の継続・終了を決定するとしていた。当初19年~26年3月31日までとしていたが、早い段階でめどがついた形だ。

 10月以降に順次終了する地域は、東京都の一部のほか、大阪府の一部、奈良県の一部としている。

 KDDIが提供するローミングサービスは、楽天モバイルの自前エリア外でも同社のサービスを使えるように配慮した施策。エリア外に出ると自動でKDDIの回線に乗り入れる仕様になっている。

 ただ、楽天モバイル回線のみならデータ容量が使い放題だが、ローミングにデータ利用制限がかかっているなど、注意すべき点も多かった。今後、ローミングが終了した地域では、使い放題の楽天モバイル回線に安定して接続できるはずだ。

オススメの記事