• ホーム
  • 業界動向
  • 楽天のでんき・ガスセット登場 将来的には楽天モバイルのプラン料金割引も?

楽天のでんき・ガスセット登場 将来的には楽天モバイルのプラン料金割引も?

 楽天モバイルは、楽天エナジーが提供する低圧電力供給サービス「楽天でんき」契約者が新サービス「楽天ガス」を契約すると、電気・ガスそれぞれの利用料金100円につき楽天ポイントを1ポイント付与するセットプランの申込受付を10月26日に開始した。もし毎月の請求額が合計1万円なら、楽天ポイントで年間1200円(月100円×12)相当戻ってくる計算だ。

電気とガスのセット利用で、電気のみ利用時の2倍のポイントを付与する

 楽天ガス開始記念キャンペーンによる初回加入特典6000ポイントとあわせると、初年度は楽天ポイントで7200円相当と戻ってくるので、さらに得する。また、楽天ガスの料金は、楽天グループの他のサービス同様、たまった楽天ポイントで支払うことができ、楽天ポイントの利用シーンがさらに広がった。
 
獲得ポイント例
(電気料金月1万円・ガス料金月5000円の場合)

増える電気と都市ガスのまとめ割引

 電気利用量(料金)に応じたポイント進呈や他サービスとのセット割引は、2016年4月の電力小売全面自由化を機に本格化した。電気や水道などのインフラは、必ずどこか一つのサービスを契約する必要があり、「au回線とauでんき・auガス」のような通信契約と電気・ガスのセットプランは、そのキャリアを使い続ける、かなり強力な「縛り」となり得るからだ。セットプラン限定の割引・新規申込特典(ポイントプレゼントなど)は、いま使っているキャリアから乗り換える動機づけにもなる。

 16年4月1日に開始したauでんきの利用者数は200万人を突破。指定の条件を満たすと、20年11月以降、「auでんきスタート割」として、auでんきの新規申込から12カ月間、au回線の利用料金総額から最大1000円を割り引く。さらに、auのガスプラン「東電ガス とくとくガスプラン for au」に加入すると、毎月、102円相当の「トリプルセットポイント」をPontaポイントで付与する。

 ソフトバンクでんきは、現時点ではガスとのセットプランはないが、「おうち割 でんきセット」として、ソフトバンク・ワイモバイルの料金から当初2年間、10回線まで1回線ごとに毎月100円を割り引く。期間限定で、加入初月の電気代が無料となる「おうちでんき でんき代初月無料キャンペーン 2020」も実施している。

 東京電力エナジーパートナー東京ガス、J:COM、Looopでんきなども電気料金・ガスをセットで契約すると、まとめて割り引くプランを提供している。この場合、通信回線の縛りはない。
 
Looopでんきの電気・ガスセットプラン
(関東エリアのみ)の割引シミュレーション

 注意点は、東京ガスが10月15日に申込受付を開始した「もらえる電気」や「J:COM 電力」など一部のサービスを除くと、電力自由化プランはオール電化向けの時間帯別料金プランには対応しておらず、ガスは指定の都市ガスのみになる点だ。
 
楽天ガスは、対象の都市ガスエリア(東京ガス/東邦ガス/関電ガス)のみ申込可能。
電気とプロパンガスのセット割引を提供する企業はほとんどないので都市ガスエリアの物件が無難だ

 楽天ガスは、都市ガス取次販売サービスであり、実際のガスサービスは提携する東京ガス/東邦ガス/関西電力が提供する。料金プラン(楽天ガス supplied by 東京ガス プランSなど)は、提供するガス会社のプランと同じ。対象となる都市ガス業者・エリアは今後拡大する可能性はあるが、楽天ガスが地域の大小さまざまなプロパンガス業者まで拡大するとは考えにくく、選択肢の多い電気と都市ガスのセットプランを利用したいなら、賃貸・持ち家とも都市ガスの物件を選んでおいたほうが無難といえるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事