ホットクック使う3人に1人がシニアと少人数世帯、87歳の料理研究家がレシピ本発売

新製品

2020/11/01 20:00

 世界文化社は、書籍『ホットクックのからだが喜ぶレシピ』(小林まさみ・小林まさる著)を10月29日に発売した。税別価格は1200円。

ホットクックのからだが喜ぶレシピ

 シャープの自動調理鍋「ホットクック」ユーザーのうち、3分の1はシニアを含む少人数世帯という。そのため、同書ではシニア料理研究家である小林まさるさんと、料理研究家の小林まさみさんの嫁舅コンビによる、「ホットクック」の操作方法やメリットを活かしたヘルシー料理83レシピを掲載している。

 レシピの開発にあたって、小林まさるさんと小林まさみさんに「ホットクック」を徹底的に試してもらっており、まさるさんは「ホットクック」を「火の始末の心配がないし、時間のかかる煮込みは鍋より早くおいしくできる。機械が苦手な人にこそおすすめだよ!」と高く評価する。また、まさみさんも「油分や塩分を控えられるし、シンプルな蒸し野菜が格別においしくできる」と語る。
 
中高年やシニアにおすすめのメニューを多数掲載

 掲載メニューには、エネルギーやたんぱく質、糖質、塩分表示が併記されており、中高年やシニアにおすすめのおかずやおやつを多くそろえている。

オススメの記事