レノボ・ジャパンは、有機ELディスプレイを折りたためるモバイルPC「ThinkPad X1 Fold」を発表した。Wi-Fiモデルは10月13日の発売で、レノボオンラインショップでの税別価格は36万3000円から。5Gモデルの発売時期は、後日発表される。

ThinkPad X1 Fold

 ThinkPad X1 Foldは、カーボンファイバー製の本体に革製のカバーをあしらい、折りたたむと本や手帳のように手軽に持ち歩けるモバイルPC。

 画面をフルフラットに開いた「ランドスケープモード」では、革製カバーに搭載されたキックスタンドでディスプレイを立てて使用でき、全画面でのプレゼンテーションや、「Lenovo Foldミニキーボード」を使用した入力作業などに適している。なお、キーボードは本体を折りたたんだ際に、間に挟むとマグネットで固定され、自動で充電される。

 画面を折り曲げた状態でも使用可能で、2画面による効率的な作業を実現する。また、オプションの「Lenovoイーゼルスタンド」に設置して、外付けディスプレイやフルサイズキーボード、マウスを接続すれば、デスクトップPCのようにも使える。
 
画面を折りたたんだ状態でも使用可能

 開発を担当したのは日本の大和研究所で、開発チームは約5年の開発期間中に、折りたたみ機構を備えたディスプレイ、高い処理能力と長時間のバッテリ駆動、コンパクトで軽量な本体、ThinkPadユーザーの期待を裏切らない堅牢性を、高い次元であわせ持つデバイスを目指した。

 折りたたみ式13.3インチワイド有機ELディスプレイ(解像度2048×1536)、メモリ8GB、512GBのSSDを搭載し、インターフェースはUSB Type-C 3.1 Gen1×2基、キーボード充電用のmicro USB×1基、500万画素のIRカメラなどを備えている。

 対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LANと、Bluetooth 5.0。OSはWindows 10 64ビット。

 バッテリ駆動時間は約11.7時間。「ランドスケープモード」時のサイズは幅299.4×高さ11.5×奥行き236.0mmで、重さは約973g。