レノボ・ジャパンは5月26日、ワイヤレスキーボード「ThinkPad トラックポイント キーボード II」の販売を開始したと発表した。ThinkPadの使い心地の良いキーボードをワイヤレス環境で実現したThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードの後継モデル。税別価格は1万4500円としている。

レノボが5月26日に発売した「ThinkPad トラックポイント キーボード II」

 打鍵感覚やキー配列などに工夫し、スムーズなタイピングが可能。Android OSにも対応し、スマートフォンやタブレット端末用としても利用できる。トラックポイントを備えているため、マウスを持ち歩く必要がない点も強みだ。

 キーストロークが約1.8mm、キーピッチが約19.05mm、「シザー・リフト・キー・メカニズム」を採用し、ThinkPad同様のタイピング感覚を再現。また、Bluetooth5.0/2.4GHzのワイヤレスUSBレシーバーによるデュアルワイヤレス接続により、安定した接続を実現した。

 対応OSは、Windows 10、Windows 7、Android 8.0以上。点字入力をサポートする6点入力機能も実装した。バッテリ駆動時間は満充電で約2カ月間(平日1日3時間、アイドルモードで5時間使用を想定)。15分の充電で約1週間の利用が可能だ。重さが約516gで、サイズが高さ約13.7×幅305.5×奥行き164.0mm。そのほか、振動、落下、耐久性などの各種テストを行い、高い堅牢性を誇る。