SB C&Sは9月24日、累計出荷台数100万台を突破した「GLIDiC」シリーズから、完全ワイヤレスイヤホンの新製品2機種を10月23日に発売すると発表した。ラインアップは、「SoundAir TW-5100」「SoundAir TW-7100」。予約は、ソフトバンクセレクションオンラインショップで本日(9月24日)から開始する。

「SoundAir TW-7100」(左)と「SoundAir TW-5100」

 TW-5100は、「ワイヤレス体験をよりカジュアルに」をコンセプトにした新製品。四角い形状ながら、角が丸く持ちやすいデザインを採用した。イヤホン本体はカスタムイヤホンメーカーのカナルワークスが監修し、フィット感を持たせている。イヤホン単体での再生時間は約8時間、充電ケースを使用すると約28時間になる。急速充電は10分間の充電で約2時間の再生に対応する。
 
SoundAir TW-5100

 サウンドは、低域から高域まで楽器の音やボーカルがクリアに聞こえるように設計。対応コーデックスはSBCとAAC。

 また、シリーズとしては初めて、トラッカー機能「Tile」を搭載した。万が一、イヤホンを失くしたとしても、スマホでイヤホンの場所を探したり、イヤホンの音で探すことができる。このほか、IPX4の防水性能やUSB Type-C、外音取り込み機能を備え、使い勝手に配慮している。税込の参考価格は9790円。カラーはブラック、ホワイト、ライトブルーの3色を用意した。
 
SoundAir TW-7100

 TW-7100は、アルミ素材を採用し、手触りの良さや高級感こだわった充電用ケースが特徴。カナルワークスが監修したイヤホン形状やTile機能、がイオン取り込み機能、防水性能、USB Type-CはTW-5100と同等だが、オリジナルのイヤーピースをベーシックタイプとコンフォートタイプの2種類付属する。

 サウンドは、前モデルで好評だった厚みのある豊かな中低域に高域の伸びをプラスした設計。対応コーデックスはSBC、AAC、aptXとしている。

 さらに、再生時間はイヤホン単体で12時間、充電用ケースを使用して約30時間。急速充電は10分間の充電で約3時間再生することができる。参考価格は1万4900円。カラーはアーバンブラック、シャンパンゴールドを用意した。