エム・エス・シー(MSC)は、世界的に有名なイヤホンブランド「SOUNDPEATS」と、日本の完全ワイヤレスイヤホンブランド「M-SOUNDS」のコラボレーションによって誕生したブランド「SOUNDSOUL」の第1弾製品として、片耳わずか3.9gという業界最軽量クラスの軽さと、税別実売価格で6000円を切る価格ながら、充実の機能を備えたBluetooth対応完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDSOUL E1」を9月11日に発売した。税別価格はオープンで、実勢価格は5900円前後。

SOUNDSOUL E1

 SOUNDSOUL E1は、世界最大級ともいえる技術力と生産能力をもつSOUNDPEATSと、日本マーケットを知り、性能・音質・品質に対する繊細なニーズに応えてきた開発力とノウハウをもつM-SOUNDSそれぞれの長所をかけ合わせ、日本人が好む音、装着感、品質を追求。“日本人による日本人のためのコストパフォーマンスに優れたイヤホン”をコンセプトとした完全ワイヤレスイヤホンとなっている。

 イヤホン片方3.9gの超軽量設計による“付け感ゼロ”の装着感をはじめ、Qualcommの高性能SoC「QCC3020」の採用、新開発φ7.2mmダイナミックドライバーによるバランスの良いクリアなサウンド、aptXコーデックへの対応、連続約7時間・充電ケースを併用すれば最大約24.5時間使用できるバッテリの搭載、IPX5相当の防水性能、タッチセンサーによる軽快な操作性など、日常のさまざまなシーンで、完全ワイヤレスイヤホンを快適に使用するために必要な機能を備えている。

 旧世代機からの買い替えを検討しているユーザーや、初めて完全ワイヤレスイヤホンを購入するユーザーにも適した仕様となっている。また、購入日から1年間の保証サービスやM-SOUNDSスタッフによるメールでのアフターサポート体制を構築しているため、安心して使用できる。