東芝ライフスタイルは、単機能レンジの新製品として同社初のフラッグシップモデル「ER-VS23」を10月中旬に発売する。


 新製品は、オーブンレンジからの買い替え層のニーズにも応えられるように、総庫内容量23Lで間口38.7cmのワイド&フラット庫内、高出力1000Wインバーター、高精度に検知する「8つ目赤外線センサー」による温め性能に加え、お手入れ面にも配慮した独自の高機能を備えている。

 食品の出し入れが楽なワイドでフラットな庫内のため、大きなお皿や二人分の料理も一度に入れることができる。スピーディに温められる1000Wインバーターを搭載。「自動あたため機能」以外に、手動でも使用できる。そのほか、お弁当や総菜などに便利な600W・500W、解凍に便利な200Wまで、用途に合わせて設定できる。

 また、庫内に配置している8つ目赤外線センサーが、食材の表面温度を高精度に測るため、解凍もグラム設定が不要。自動あたため機能もワンタッチ操作で簡単に利用できる。また、「お好み温度」では、-10℃から85℃まで仕上がり温度を自由に設定できる。

 庫内には、汚れがつきにくい撥水・撥油性に優れたセラミックのコーティングを採用。「庫内よごれプロテクト」によって、油の飛び跳ね汚れも一拭きするだけで簡単にお手入れができる。