三菱電機は、世界で初めて電子レンジ機能を搭載したIHクッキングヒーター「レンジグリルIH」の、2口IHタイプを11月1日に、3口IHタイプを12月1日に発売する。税別価格は、2口IHタイプの「RE-220SR」が32万円、3口IHタイプの「RE-320SR」が35万円。家電量販ルート向けの専用フライパンが付属する「RE-C220SR」「RE-C220KR」の価格はオープン。

レンジグリルIH 3口IHタイプの「RE-320SR」

 レンジグリルIHは、ご飯やおかずの温め、冷凍食品の調理、下ごしらえに使えるレンジ加熱機能をIHクッキングヒーターに搭載し、24段階刻みで食材を好みの温度に温められるほか、肉の解凍や葉菜の下ゆで、根菜の下ゆでに便利なレンジ加熱機能の自動調理メニューも備えている。

 さらに、業界で初めて食材を中(レンジ加熱)と外(グリル加熱)から一気に加熱し、短時間で仕上げられる「レンジグリル加熱」を搭載する。グリル庫内に食材の温度を瞬時に測定し、自動で温度制御を行う赤外線センサー「レンジグリル光センサー」を備えており、食材を入れれば自動で調理が仕上がる。
 
業界初「レンジグリル加熱」搭載

 ほかにも、「IH加熱」と「グリル部加熱」の連携調理を自動でアシストする「リレー調理」機能によって、時間・火加減・温度を自動アシストし、調理が初めてのメニューでも生焼けや加熱し過ぎなど失敗することなく、上手に仕上げられる。

 自動メニューは、ハンバーグ、ローストビーフ、パエリア、グラタン、からあげ、野菜炒め、とんかつ、天ぷらの8種類で、トッププレート操作部の「リレー調理専用操作ボタン」を押してメニューを選ぶことで、音声と液晶画面の自動アシストによって簡単に調理できる。