シャープは9月14日、「SHARP COCORO LIFE」のECサイト「COCORO STORE」で、兼ねてから要望があった「不織布マスク(小さめサイズ)」(MA-1050S)の販売を個人向けに開始した。同日より抽選販売の応募受付を開始し、9月23日に初回の抽選を実施する。

シャープの不織布マスクに「小さめサイズ」が登場

 同社は、新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足に対応して、2020年3月下旬に三重工場のクリーンルームで「ふつうサイズ」の不織布マスクの生産を開始。4月28日の第一回抽選以降、販売を継続してきた。

 今回、女性や小学校高学年以上の子どもの利用に適したサイズを新たにラインアップ。より幅広いニーズに応えることができるようになった。

 小さめマスクは、一箱50枚入り。税別・送料別で価格は2980円。当初は5000箱/週の販売を予定している。抽選サイクルはふつうサイズと同じ。火曜日から水曜日にかけてのメンテナンス期間を除き、常時、応募を受け付け、水曜日から木曜日にかけて当選通知メールを配信する。