「Kyash(キャッシュ)」を提供するKyashは、9月7日からKyashが銀行口座からの入金・出金に対応した。出金手数料は税込み220円。

銀行口座からチャージしたいニーズに対応

 Kyash Cardは、月上限12万円まで最大1%ポイント還元されるVisaカード。Kyash Card/Kyash Card Lite/Kyash Card Virtualとも、決済金額に応じてKyashポイントがたまり(対象外取引は除く)、還元率は発行手数料900円のKyash Cardが1%、発行手数料300円のKyash Card Lite、発行無料のバーチャルカードKyash Card Virtualが0.5%。Kyashポイントの有効期限は最終購入日から180日。

 入出金に対応する銀行は、イオン、関西みらい銀行、熊本銀行、埼玉りそな銀行、親和銀行、福岡銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行の10行。初回入金時に登録すると、銀行口座からの直接入金は、Kyashアプリからたったの3タップで完了する。
 
銀行口座へ出金する手順

 出金については、入金可能な10行以外にも、全銀ネットを利用しているほとんど全ての金融機関の銀行口座を出金先口座に登録できる。なお、出金可能な残高と出金不可の残高があり、クレジットカードからのチャージ分やKyashポイントなどは出金不可。

 今回の変更に伴い、本人確認を行いKyash Cardを有効化している場合で「本人確認アカウント」、有効化が済んでいないの場合で「本人確認未完了アカウント」に移行し、銀行口座からの入出金は、本人確認アカウント限定となる。9月7日の資金移動サービス提供開始にあわせ、本人確認アカウント向けの不正補償制度を開始した。