自宅をサーキットに見立てて遊べる新たなマリオカートが、10月16日に発売される。その名は『マリオカート ライブ ホームサーキット』。「スーパーマリオブラザーズ35周年Direct」で発表された。マイニンテンドーストアでは、すでに予約受付を開始している。

リビングがサーキットになる『マリオカート ライブ ホームサーキット』が登場

 カメラが内蔵されたカートと、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が連動するゲームで、カメラからのライブ映像を見ながらカートを操作する仕組みになっている。紹介映像を見る限り、ARゲームのような印象だ。

 付属する四つのゲートを部屋に置いて、カートで1周すれば、走った軌跡がマリオカートのコースになる。家のリビングでレースをすることも可能だ。
 
アイテムの効果も現実世界のカートに反映される

 ニンテンドースイッチのスティックを動かすと、自由自在にカートを走らせることができるほか、これまでのゲームでも活躍しているアイテムも登場。「ダッシュキノコ」を使うとカートが実際にダッシュしたり、コースに潜む「パックンフラワー」に食べられるとカートがストップしたりと、「マリオカート」のレース中に起きることすべてが、カートの動きと連動する。