日立、「洗剤直ぬり」コースを新搭載したドラム式洗濯乾燥機

 日立グローバルライフソリューションズは、料理や化粧品、油性ペンなどの頑固な汚れまで落とす「洗剤直ぬり」コースを新たに搭載したドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム」を9月19日に発売する。


 同社の調査によると、「ソースやたれなどの食べ物の汚れ」のほか、「化粧品や文房具による汚れ」などが、衣類に付いたら困る汚れとして上位に挙げられたという。そこで今回の新製品では、従来の洗濯機で諦めていたこれらの汚れを落とすために、洗剤の効果を発揮できるコースとして洗剤直ぬりコースをライオンと共同開発した。

 洗剤直ぬりコースは、濃縮液体洗剤を汚れに塗布して洗濯機に入れる簡単な作業で、料理の汚れや化粧品、油性ペンなどの汚れもきれいに落とすことができる。濃縮液体洗剤を塗布した衣類に高速風を当てて洗剤の水分を蒸発させることで、洗剤の濃度をより高くする。その後、大流量のシャワーで洗うことで、これまで諦めていたような汚れまできれいにする。

 洗濯12kgタイプの「BD-NX120F」では、洗濯のたびに適量の液体洗剤・柔軟剤を自動で投入する「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」によって、計量や投入といった手間を省き、適量投入する。また、洗濯の際に複数のセンサーで洗剤の種類や布質・汚れの量・水の硬度などの情報を収集し、洗い方や洗濯時間を自動で調整する「AIお洗濯」で賢くきれいに洗う。

 直径約61cm・容積約85Lの大きなドラム槽の中で衣類を大きく舞い上げ、時速約300kmの高速風を衣類に吹きかけてシワを伸ばす「風アイロン」によって、アイロンがけの手間を減らす。新製品では、乾燥運転のヒーターや送風ファンなどの制御を見直すことで洗濯-乾燥容量7kgを実現した。

 「洗濯コンシェルジュ」アプリに対応し、ダウンロードすることで、温水でおしゃれ着を洗う「温水おしゃれ着」コースを使用できる。約30℃の温水で洗うことで、衣類の傷みを抑えながら汚れをしっかり落とす。

 なお、BD-NX120Fに加え、「ビッグドラム」シリーズとして、洗剤直ぬりコースを搭載した洗濯11kgタイプの「BD-SX110F」など、計4機種を同時発売する。また、乾燥機能のない全自動洗濯機「ビートウォッシュ」シリーズとして、液体洗剤・柔軟剤自動投入を搭載した洗濯10kgタイプの「BW-X100F」など、計2機種を同時発売する。

 税別価格はオープン。市場想定価格は、ドラム式洗濯乾燥機のBD-NX120Fが38万円前後、BD-SX110Fが34万円前後、BD-NV120Fが34万円前後、BD-SV110Fが31万円前後。全自動洗濯機のBW-X120Fが21万円前後、BW-X100Fが16万円前後。

オススメの記事