ゲーミングデスクトップPC「GALLERIA RM5R-G60S」、Ryzen 5 3500で高コスパ

 サードウェーブは8月18日に、AMD Ryzen 5搭載ゲーミングデスクトップPC「GALLERIA RM5R-G60S」3モデルを、全国22のドスパラ各店舗およびドスパラ通販サイトで発売した。

GALLERIA RM5R-G60S

 GALLERIA RM5R-G60Sは、「GALLERIA RT5」の後継機種で、最新のA520マザーボードを搭載し、AMD Ryzen 5 3500とNVIDIAのビデオボードを組み合わせることで、手頃な価格ながら最新のゲームを楽しめる高い処理性能を実現している。

 最新の「GALLERIA SKM」ケースを採用し、従来の「GALLERIA」シリーズの特徴である高いパフォーマンスと安定性はそのままに、排熱性を高めた「デュアルサイドインテーク」、大型の「14cmファン」、机の上でも下でもアクセスしやすい「ななめ45度コンソールパネル」、ゲーミングPCのトレンドでもある「RGB-LED搭載パネル」を採用する。

 税別価格は、NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER搭載モデルが9万9980円、NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER搭載モデルが11万9980円、NVIDIA GeForce GTX 1650搭載モデルが8万9980円。

 NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER搭載モデルの構成は、CPUにAMD Ryzen 5 3500、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER、メモリ16GB、512GBのNVMe SSDを搭載し、インターフェースはUSB 3.2 Gen1 Type-A×6基(前面4基、背面2基)、USB 2.0×4基(背面)、DVI×1基、HDMI出力×1基、DisplayPort×1基。

オススメの記事