eスポーツトレーニングジムやeスポーツクラブ活動ツール「eブカツ」などの「eスポーツトレーニングプラットフォーム」を展開しているゲシピは、eスポーツと英会話をオンラインで同時に学べる「eスポーツ英会話」のサービスを提供している。


 ゲシピでは、これまでeスポーツジムでの対面コーチングやオンラインコーチングなど、eスポーツを学びたいプレーヤー向けにeスポーツコーチングを提供してきた。一方、コロナ禍による外出自粛、学校休校に伴い、子どもの1日のゲームプレー時間が平均2~3倍に増えているという(同社調べ)。

 そこで今回、ゲシピではこれまで蓄積してきたコーチングノウハウを生かし、ゲームの時間を有効活用できるサービスとしてeスポーツ英会話を提供開始する。サービス提供にあたっては、eスポーツのイベント企画・コンサルティングを行っているEsaris Worksと共同で運営を行う。

 eスポーツ英会話は、同社所属のeスポーツコーチのうち英語ネイティブ・英語上級者のコーチから、人気のeスポーツと生きた英会話を同時に学ぶことができるサービス。対象年齢が小学生以上、英語レベルが初級クラスから。コーチと一緒にeスポーツをプレーしながら、コミュニケーションに必要な英会話をボイスチャットを使って学んでいく。

 クラスは1回90分。カリキュラムは全5回を用意しているが、好きなクラスのみ受けることも可能。eスポーツタイトルは、いま小学生に大人気のフォートナイトなど。今後、タイトルも増やしていく予定。

 なお、サービス開始キャンペーンとして1回500円で受講できるワンコインキャンペーンを6月3日から6月20日まで実施する。