ByteDanceは、ショートムービーアプリ「TikTok(ティックトック)」で新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い在宅時間が長期化する中で、新たな学びの機会をライブで提供するプロジェクト「TikTok教室LIVE配信」を4月20日に開始した。

正式実装前の「TikTok LIVE」を利用した「学び」コンテンツのライブ配信を開始

 TikTok教室LIVE配信は、まだ正式実装していないTikTokのライブストリーミング機能「TikTok LIVE」を利用し、「料理」「語学」「コミュニケーション術」「自宅でできるトレーニング」など、日々の生活に役立つ内容をはじめ、「文化」「教養」「キャリア」といった未来につながる内容を含む幅広いジャンルの学習コンテンツをライブ配信する。

 さまざまなキャリアやバックグラウンドを持つ専門家や企業・団体など、多彩な講師陣を招いて最先端の知識や豊富な経験に基づく講義を行う。TikTokアプリ内の「TikTok教室LIVE配信」特設ページまたは各講師のTikTokアカウントから視聴できる。

 4月20日19時30分から伊藤羊一氏による「誰でも出来る『伝える極意』」、4月21日19時30分から澤円氏による「ありたい自分を見つける処方箋」、4月22日20時からRIZAPグループによる「おうちでライザップ」、4月23日19時30分から藤原和博氏による「TikTok de よのなか科」、4月24日21時から箕輪厚介氏による「ミノCAFE~箕輪厚介と一緒に考える『若者の働き方』~」、4月28日20時から佐渡島庸平氏による「本が大好きになるための読書の仕方」を予定している。