日本全国47都道府県の女子高生・男子高生ネットワーク「高校生ラボ★47」を運営するエイチジェイは、日本全国の現役高校生300人を対象に、新型コロナウイルスの影響により休校期間となっている現在、高校生がどのように過ごし何を思うのかをアンケート調査した。


 「現在通っている学校は休校中ですか?」という質問には、97.5%とほぼ全ての回答者が「はい」と回答した。その他として、週に1、2回のみ登校日があるという回答もあった。一方で、「オンラインでの授業を実施中または実施予定ですか?」という質問では、「はい」の回答が30%にとどまり、休校期間中の学校でも約7割がオンラインではない自主学習を主としていることが分かった。

 休校期間中の勉強は自宅での自主学習をメインとしているのに対し、1日の勉強時間について質問したところ全体の約40%が「1~2時間」と一番多く、「全くしていない」という回答も28.4%という結果となった。全体の約70%が1日の勉強時間が2時間以下ということが明らかになった。
 

 「自宅学習について不安に思うことはありますか」という質問では、「家だとやる気が起きない、集中できない」という回答が最も多く、「自分での進め方が分からない」「分からないことがあってもすぐに聞けない」「他の子がどの位進んでいるか分からないので差がついていそう」、「受験勉強がうまく進められなくて不安」といった回答も見られ、多くの高校生が自宅での学習に不安を抱いていることが浮き彫りとなった。

 「通学していた頃と比べて不規則な生活になったと感じますか」という質問では、80%以上が「はい」と回答。学校が休みになり決まった時間に起きなくてもよくなったことで、通学していた頃と比べて遅く起き、遅く寝る学生が増えているようだ。
 

 起床・就寝時間を質問したところ、「お昼頃に起きる」「午前2時頃に寝る」の回答が約30%と一番多く、普段授業や部活で起きていた時間と比べかなり遅くなっていること、それに伴って就寝時間も遅くなっていることが見受けられる。

 外出頻度に関しての質問では、「週に2、3回」の回答が最も多く37.3%、「週に1回」と「1日1回」が次いで多く、「外出していない」が13.4%と、緊急事態宣言が全国を対象に拡げ外出自粛要請が出ている中、ほとんどの高校生が外出を控えて家で過ごしていることがうかがえる結果となった。

 外出理由に関しての質問では、「食料品などの買い物」が一番多く、次いで「運動」となったが、次点で13.5%が「アルバイト」となっており、休校期間中でもアルバイトに出たり、友達に会うためや習い事などで外出している子も少なからずいることも分かった。

 「外になかなか出られないことにストレスを感じますか?」という質問では、75.5%が「はい」と回答。「おうちでのストレス解消法はありますか?」という質問では、「友達と電話やビデオ通話で話す」、「ストレッチや筋トレ、ダンスなどの家でできる運動をする」という回答が最も多く、「カラオケにいけないのでお風呂で歌う」「いっぱい寝る」「映画や動画をたくさん観る」といった回答も見られ、なかなか外出できないストレスは感じつつも自分なりのリフレッシュ方法を模索していると思われる。

 「インターネットの使用時間・頻度は増えましたか?」という質問では、実に97.5%が「はい」と回答。ほぼ100%の高校生がインターネットの使用が増えたと回答した。「オンラインで何の使用時間が一番増えましたか?」「おうち時間は主に何をして過ごしていますか?」(複数選択)という質問では、どちらも上位の三つが「Instagram」「YouTube」「TikTok」とSNSの使用増加が顕著に現れた。

 Instagramのストーリーで友達同士で回し合う「身長リレー」「にんじんバトン」「しりとりリレー」などが流行っているのもInstagramの使用が増えた理由の一つ。他には、AbemaTVやHuluなどのオンライン動画サービスの視聴も増えているようだ。

 SNSの利用頻度が増える中、「新しくフォローした芸能人、インフルエンサーはいますか?」の質問に40%が「はい」と回答。この期間に、SNSの投稿を増やしたほか、ライブ配信を始めた芸能人も多く見られ、フォローした人では渡辺直美さん、EXITさん、YOSHIKIさん、GACKTさん、ムロツヨシさんなどの芸能人や、高校生に大人気のAbemaTV恋愛リアリティショー「今日、好きになりました。」に出演している、出演していた高校生インフルエンサーをフォローしたという回答も多く見られた。

 「新しく入れたアプリはありますか?」の質問でも43.8%が「はい」と回答し、約半数がこの機会に新しくアプリを入れていることが分かった。オンライン授業や友達とビデオ通話で話すための「Zoom」や、暇つぶしができるゲーム系のアプリ、「TVer」「Amazonプライム・ビデオ」「Hulu」などのオンライン動画サービス、家でのトレーニングや筋トレができるアプリ、英語などの勉強系のアプリ、動画編集アプリなどを新しく入れた子が多いようだ。

 「外出自粛要請が解除されたらまず何をしたいですか?」の質問では、「友達に会いたい」という回答が一番多い結果となった。次いで、現在休園中で行くことのできない「ディズニーランド/シーに行きたい」、3密の条件に一致するとして現在多くが休業している「カラオケに行きたい」、今はなかなか家から出れず遠くに行くことができない状態なので、「旅行に行きたい」「学校に行きたい」といった回答が挙がった。やはり休校期間中で友達と会えない、遊べない、今まで普通にしていた学校での授業や部活、友達との触れ合いがないという状況は、高校生にとって辛い状況であることがうかがえる結果となった。