ソニーは5月26日、完全ワイヤレスイヤホンの新モデルとして「WF-XB700」を発表した。税別実勢価格は1万5000円前後。6月6日に発売する。

購入しやすい価格帯のソニーの完全ワイヤレスイヤホン新モデル「WF-XB700」

 これまでソニーの完全ワイヤレスイヤホンは2万円を超えるモデルに限定されていたが、WF-XB700は価格を1万円台に抑えた。エントリーモデルという位置づけながら、左右同時伝送方式や装着設計はフラグシップモデル「WF-1000X M3」を踏襲。高いレベルの使い心地と装着性を実現した。
 
完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデルの位置づけ

 同製品は、重低音を極めたEXTRABASSシリーズ初の完全ワイヤレスイヤホンでもある。IPX4の防滴仕様で汗や雨に強い(本体のみ)。充電ケース卵形でコンパクトなので携帯性が高い。
 
コンパクトな充電ケース。本体と合わせて18時間分のバッテリを搭載

 本体のみで9時間、ケース充電を合わせて18時間の長時間バッテリを搭載。10分充電で60分再生可能なクイック充電にも対応する。カラーは、ブラックとブルーの2色展開。ドライバーユニットが12mm、対応コーデックがAAC/SBC、対応無線規格がBluetooth 5.0。USB Type-Cケーブル、バイブリッドイヤーピース(SS/S/M/L)を付属する。