15.6型A4ノートPCと一体型デスクトップPCの新モデル、富士通「FMV」から

 富士通クライアントコンピューティングは、個人向けPC「FMV」から、在宅作業を快適に行える15.6型ノートPC「LIFEBOOK(ライフブック) AHシリーズ」と23.8型デスクトップPC「ESPRIMO(エスプリモ) FHシリーズ」の新製品2シリーズ4機種を5月22日から順次発売する。

狭額縁ディスプレイを採用した新筐体の「AH43E1」

 LIFEBOOK AHシリーズは、リビング利用に適したA4サイズのノートPC。狭額縁ディスプレイや高音質なスピーカー、打ちやすいキーボードなど、細部まで快適性を追求しており、プライベートからビジネスまで幅広く活用できる。

 シリーズ全機種で高速起動・高速データ転送が可能なPCIe接続に対応したSSDや「Office Home & Business 2019(個人向け)」を搭載したほか、「AH42/E1」ではAMD Athlon Gold 3150Uモバイル・プロセッサを採用し、従来モデルから約1.5倍の性能強化を実現した。「AH43/E1」では、AMD Ryzen 3-3300Uモバイル・プロセッサーと8GBメモリを搭載し、複数作業や画像処理などに対応している。

 キーボードは、手首の角度に沿うようにキーの列ごとに階段状の段差をつけ、指の力によってキーの重さを3段階に調整。矢印キーは、一段下げるなど配置にもこだわり、無理なく長時間、正確・快適に入力できるキーボードを実現した。AH43/E1では、プリズムクリアキーを採用。ボディーと統一感をもたせた同色のキートップに、側面が透明なアクセントがきらりと輝くデザインとなっている。

 ESPRIMO FHシリーズは、フルHDの4辺狭額大画面ディスプレイを備え、臨場感のある映像体験を提供。高速起動・高速データ転送が可能なPCIe接続に対応したSSDを搭載。OSやソフトの起動も軽快で、静音性にも優れている。「FH70/E1」は、インテル Core i7-8565Uプロセッサと8GBメモリを搭載し、複数作業も快適に行うことができる。

 従来のWi-Fi5と比べ、約1.4倍の通信が可能な次世代無線LAN規格Wi-Fi 6に対応。さらに、高速で安定した通信環境で、高画質の動画ストリーミングやライブ配信などが楽しめる。

 また、日々の生活やPC利用をサポートするAIアシスタント「いつもアシスト ふくまろ」が便利に進化。PC本体に内蔵するカメラを使って顔とプロフィールを登録すると、家族の顔と名前を覚えた「ふくまろ」がユーザーの名前を呼んでくれる。

 さらに、子どもの学習をサポートし、PCを楽しく利用するためのコンテンツを専用メニューにまとめた。「パソコン」「学習」「プログラミング」「エンタメ」と四つのカテゴリーから、情報サイトやサービスへアクセスできる。初めてパソコンを使う子どももスムーズに利用できるよう、デスクトップ画面にはショートカットアイコンを配置した。PC自体の利用に加え、パソコンを通じたさまざまな学習体験や成長をサポートする。

オススメの記事