初の「天使だけ」「悪魔だけ」のビックリマンチョコ、ロッテから

新製品

2020/05/19 17:30

 ロッテは、「悪魔VS天使35周年」を記念して、初めて第1弾から32弾までの天使だけのヘッドキャラと悪魔だけのヘッドキャラを集めた「天使だらけのビックリマンチョコ」と「悪魔だらけのビックリマンチョコ」を5月26日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢小売価格は80円。

天使だらけのビックリマンチョコ
 
悪魔だらけのビックリマンチョコ

 「ビックリマンチョコ」は、77年に発売し、「人を驚かせびっくりさせる」というコンセプトで生まれた商品。中におまけのシールが封入されており、発売当時は「どっきりシール」と呼ばれる「電気コンセント」「こぼれたインキ」など、子供のいたずら心をくすぐるような写実イラストのシールだった。

 ビックリマンの大ヒット商品へのきっかけとなったのが、85年に発売された「ビックリマン 悪魔VS天使シリーズ」。スーパーゼウスをはじめとするキャラクターがデザインされており、ストーリー性を持たせたりヘッドシールを入れたりしたことで収集願望を刺激。

 ピーク時には、年間約4億個販売やアニメ化・マンガ連載などで一大ブームを築いた。今年は85年から発売して35周年の記念イヤーとなる。

 今回の新商品では、ファン投票で人気順位を決めた天使・悪魔ヘッドキャラシールに、ビックリマンイラストレーターが選んだ上位各10キャラと、今回新たなスーパーゼウスとスーパーデビルも描き下ろした。過去の天使・悪魔ヘッドキャラが全復刻する、夢のような企画となっている。
 
 

 また、天使と悪魔で先行販売地区を分けて販売するという新しい試みも行う。天使だらけのビックリマンチョコが東日本(静岡含む)、悪魔だらけのビックリマンチョコが西日本(静岡除く)で先行販売する。

オススメの記事