【なぐもんGO・51】新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、手洗い・うがい・消毒の重要性があらためて見直されている。我が家は以前から大切にしていたが、これを機に一層、力を入れるためハンドソープを一新。レキットベンキーザー・ジャパンのミューズの「薬用せっけん ノータッチ 泡ハンドソープ」に変更した。実際に使っていると、品切れが続出するほど人気を博している理由が垣間見えた。

ピカチュウが可愛らしいミューズの「薬用せっけん ノータッチ 泡ハンドソープ」

 この商品は、センサーが手を検知したら、自動で泡が出てくるハンドソープ。帰宅してから洗面台まで、何も触らずに直行し手を洗うことができるので、接触による感染を抑える効果が期待できる。以前から使っていた手でプッシュするタイプは、手を洗った後にプッシュした部分を洗うなどする手間があったが、ノータッチタイプなら事後処理は不要。手軽で衛生的という点が人気を集めているようだ。
 
手をかざすだけで適量のハンドソープがでてくる

 価格は2000円程度で、使ってみるとセンサーがしっかり反応して使いやすい。せっけん自体は詰め替え可能で、一度購入すれば、以降はそれほど費用がかからない。適量の泡を自動で出すため、出しすぎによる無駄遣いの心配がない点もうれしい。

 また、せっけんは手でこすると泡の色が白色に変わっていく。十分に手が洗えているかの判断基準にもなる嬉しい気配りだ。とくに、子どもの手洗い時にはわかりやすい目安として活躍してくれる。製品パッケージを読むと、幅広いバイ菌をしっかり殺菌・消毒するとともに、三つの保湿成分が手のかさつきを予防してくれるのだという。新型コロナウイルス以外の感染症の防止にも力強い味方だ。

 デザインがかわいい点も魅力のひとつ。ディスペンサーの正面にはピカチュウが顔を覗かせており、その上にセンサーが設置されているのでわかりやすい。背面には尻尾があしらわれている。せっけんが入っているカートリッジのラベルをめくると、透明なせっけんの向こう側に全3種類のうちランダムで1匹のポケモンが見えるのも、子どもの好奇心を刺激する。記者の場合は伝説のポケモンが見えた。
 
背面にはピカチュウのしっぽがみえる

 ただ、ハンドソープは品薄状態になっているため、買い占めなどは避けたいところ。ノータッチの便利さを味わうと、プッシュが手間に感じるようになってしまった。アルコール消毒液も自動で出るようになれば、さらに安心できる環境をつくることができそうだ。(BCN・南雲 亮平)