アスツールは、マスクなどの在庫・価格情報を提供するサービス「在庫速報.com」のデータをもとに、4月度のマスクの価格推移を発表した。最低単価・平均単価ともに下落傾向にあるという。

在庫速報.comによると、マスクの価格は下落傾向にある

 在庫速報.comは、複数のECサイトで販売されているマスクの1枚当たりの単価を一覧できるサイト・アプリ。新型コロナウイルス関連商品として、アルコール消毒液なども100mlあたりの単価で比較することができる。

 サイトでは、マスクの最低単価・平均単価の推移も確認することが可能。4月度の推移では、24日以降、最低単価・平均単価ともに下落傾向が継続している。24日時点で78円だった平均単価は、29日時点で66円への15%下落。最低単価は57円から49円へと14%下落し、どちらも月最低になった。

 価格の下落に加え、納期に関する変化もあった。これまでは、注文から2~3週間で届く商品が多かったのに対し、現在、即納の商品も増加しており、少しずつ需要と供給のバランスに改善の兆しが見えてきているという。本当に必要な人がマスクを手に入れることができる状況に近づきつつあるようだ。