ニフティは5月1日、同社の格安SIM(MVNO)サービス「NifMo」全契約者を対象に、月間50GBまでデータ容量の追加チャージを無償化した。8月末まで。4月10日から25歳以下に限り提供していたが、年齢制限を撤廃した。容量追加は1回0.5GB単位。「データおかわり 0.5GB」で受け付ける。通常価格は0.5GB当たり税別900円で提供しているため、50GBで9万円分に相当する。

容量追加は「データおかわり 0.5GB」で受け付ける

 顧客の要望に加え、オンライン学習や医療機関のオンライン診療などでの通信需要拡大に応える。NTTドコモやau、ソフトバンクなども、同様のサービスを提供しているが、いずれも25歳以下限定で、NTTドコモが6月末まで、auやソフトバンクが5月末までの期間に限っている。対象顧客や機関拡大の動きが広がりそうだ。(BCN・道越一郎)